ランチパック列伝!

全国のランチパックを食べつくす夢への軌跡

ハムカツ

新入社員が社内の研修を経て、他社の新入社員との合同の外部研修に参加しています。
社内にいたときはうちうちでこじんまりしてましたが、他社の社員とのグループワークなどを経て、引き締まったというか生き生きしたような印象を受けました。
何事も異文化との交流で磨かれて向上していくものですね。

・ハムカツ

f:id:bijogi-jct:20140320154821j:plain
日時:2014/03/15
地域:東京都大田区
店舗:toks
味の種類:198種目
デザイン:225個目
アクセス:794
評価:★★
ハムについては、最近「厚切りハムカツ」でたっぷり解説したので割愛。

カツという料理は諸説あるようですが、つまみ食いして解説すると、背肉の形にカットした肉を英語でカットレット(cutlet)といい、これがカツレツの語源。1895年に銀座煉瓦亭の木田元次郎がポークカツレツを提供したのが始まりと言われてます。魚や野菜が具材の場合はカツではなくフライ(アジフライ、エビフライ、フライドポテト)。
カツは和食か洋食かという議論もありますが、コロッケ、カレーライスとともに「大正の三大洋食」と言われてます。オムライス(これも煉瓦亭)やナポリタンのように、「日本で洋食屋が提供し始めた料理」ですね。ご飯と味噌汁と一緒に提供されるところから和食感がありますが、そもそも何年経てば和食認定されるのかという話で、和食の代表格の天ぷらさえも400年前に鉄砲と一緒にポルトガルから伝わった南蛮料理です。寿司も紀元前4世紀頃に東南アジアで発祥し、8世紀頃に中国経由で伝わったと言われてます。

じゃあ餃子は?カリフォルニアロールは?

ランチパックは?

和食洋食といったカテゴリに囚われず美味しいものを発想していけることは素晴らしいですね!