ランチパック列伝!

全国のランチパックを食べつくす夢への軌跡

十和田バラ焼き風

何事もプロになるには10000時間が必要だと、何かに書いてありました。多分ネットです。
公認会計士の試験勉強時間を調べると3000時間とか書いてあります。社労士は800時間。
なのでまだまだ素人レベルのランチパック列伝は、今回で200種目のランチパックに出会いました。

・十和田バラ焼き風

f:id:bijogi-jct:20140413174841j:plain

日時:2014/04/05
地域:東京都豊島区
店舗:ランチパックカフェ
味の種類:200種目
デザイン:227個目
アクセス:862
評価:★★

記念すべき200種目の味は十和田バラ焼き風。池袋駅北改札にオープンしたランチパックカフェでの購入です。

第8回B-1グランプリで云々〜はパッケージにも書いてあるとおりです。第1回では1万人程度だったB-1グランプリですが、第2回には20万人、最近は60万人程度の集客ができるマンモスフェスになってます(開催は2日間)。フジロックが3日間で14万人程度という参考値と比べると、その集客力の高さに驚かされます。ま、単価が違うわけですが。

そんなB-1グランプリでシルバーグランプリのバラ焼きってどんなすごい料理なのか、と思ったら、至ってシンプルで、バラ肉と玉ねぎを甘辛いタレに絡めて鉄板で焼くだけ!なんか今夜にでもできそうなシンプルさです。むしろ、作ったことある気もします。ご飯が食べたくなります。そんなシンプルさが受けたのでしょうか。

先ほどご飯が食べたくなると書きましたが、そういえば今回はパンに挟まってました。パンかよ!
そんな意外さがランチパックですね。どんなご当地グルメも挟んでしまうランチパックこそ、真のB-1かもしれません。

そんなわけで200種のランチパックを食べましたが、この世に食がある限り、まだまだ続けます。

今後もよろしくお願いします。