ランチパック列伝!

全国のランチパックを食べつくす夢への軌跡

オムレツ風デミグラスソース 横濱たちばな亭監修

世の中働き方改革ということで、私の勤める会社でも有給取得推奨されている今日この頃。わずか5年前にはここでは書けないあんなことこんなことあったなぁと思い出せるわけですが、人も会社も変われるものですね。

有給取得の正しいあり方を知っておこうと厚生労働省のページを拝見いたしました。

 

年5日の年次有給休暇の確実な取得 わかりやすい解説

 

自ら「わかりやすい」と銘打つのは公的機関にしては珍しく、それなりの自信があるのだろうと思います。日頃はクソわかりづらい(おっと素が出た)資料をご用意されるはずの省庁の、今回の意気込みを感じます。

 

さて有給休暇ですが、厚生労働省のわかりやすいリーフレットの最後のコラムには「個人で仕事を持たずに、チームで進捗を確認しあいましょう」と、有給休暇を取りやすくするためのポイントを教えてくれてます。

まあ確かにその通りなのですが、一方で「その人しかできない」「その人だからこそ良い」という仕事もあり、それが柱となるような、タレント性が武器になるような企業もあるわけです。

 

・オムレツ風デミグラスソース 横濱たちばな亭監修

f:id:bijogi-jct:20190831133906j:image

日時:2019/06/22
味の種類:244種目
デザイン:273個目

 

あくまで勝手な想像かもしれませんが、横濱たちばな亭はそのようなカリスマによる企業なのではないかと思います。実態は違ったとしてもそんな感じに見えました。いつか聞きに行ってみたいところです。

 

1972年にたちばな亭は設立しました。創業はその前年で、トンカツ屋さんとして始まっています。その後、途中経過はわかりかねますが、2002年に横濱赤レンガ倉庫に横濱たちばな亭をオープンします。翌年「オムライスのカリスマ」紺野賢一氏が入社します。紺野氏がそこから2017年までに作ったオムライスは58万食とのこと。よく数えたものです。色々なテレビにも登場しているので相乗効果で「横濱たちばな亭」は「一度は食べたいオムライス」みたいになってます。

 

それと似たようなものが食べられちゃうランチパック。やっぱり素敵ですね。